令和4年度表彰式

2月24日(金)令和4年度体育功労者等の表彰式が、ティアラ江東小ホールで行われました。今回はコロナがまだ終息しないので2部に分け、1部を中学生以下、2部を高校生以上とし計117名(団体)の方が表彰されました。
体育功労者はこ・ち・ら




平成30年度江東区体育功労者等表彰式

平成30年度江東区体育功労者等表彰式

2月26日(金)江東区文花センターホールにて平成30年度江東区体育功労者等表彰式を激励講演会にパラバドミントン指定強化選手の村山浩氏を迎えて開催。その様子です。
体育功労者はこ・ち・ら
スポーツ特別功労者・スポーツ功労者 こ・ち・ら.pdf

30年度生涯スポーツ優良団体.pdf


平成29年度江東区体育功労者等表彰式

平成29年度江東区体育功労者等表彰式
去る平成30年2月23日、江東区文化センター2階ホールにて平成29年度江東区体育功労者等表彰式が開催されました。今年度は初めての試みとして、表彰前に「激励講演会」と銘打ち、パラリンピア・陸上競技/リオデジャネイロ2016大会、陸上男子4×100mリレーで銅メダルを獲得した芦田創選手を迎えて、お話を伺いました。ご覧ください。

江東区体育功労者はこ・ち・ら
29年度江東区スポーツ功労者.pd
29年度江東区スポーツ功労チーム.pdf
29年度江東区体育優秀選手.pdf
29年度江東区体育優秀チーム.pdf
29年度江東区生涯スポーツ優良団体.pdf

平成28年度スポーツ功労者等表彰式


平成28年度スポーツ功労者等の表彰式が、2月24日(金)江東区文化センターホールにおいて行われました。28年度は体育功労者15名、スポーツ特別功労者10名、スポーツ功労者7名、スポーツ功労チーム1チーム、体育優秀選手93名、体育優秀チーム29チーム、生涯スポーツ優良団体4団体に、梶原克之体育協会会長より賞状と記念のトロフィーが授与されました。御来賓として山﨑孝明江東区長、堀川幸志江東区議会議長、眞貝裕利子教育委員会委員長より御祝辞を頂き、今年度より第二部トークショーを開催。ゲストに、日本ユニシス女子バドミントン部監督 小宮山元氏をお迎えし、お話を伺いました。
28年度の体育功労賞受賞者の皆様はこ・ち・ら
28年度スポーツ特別功労者.pdf 28年度スポーツ功労者.pdf 28年度スポーツ功労チーム.pdf
28年度体育優秀選手.pdf 28年度体育優秀チーム.pdf 28年度生涯スポーツ優良団体.pdf

平成27年度スポーツ功労者等表彰式

平成27年度スポーツ功労者等の表彰式が、2月26日(金)江東区文化センターホールにおいて行われました。27年度は体育功労者15名、スポーツ功労者9名、スポーツ功労チーム2チーム、体育優秀選手83名、体育優秀チーム24チーム、生涯スポーツ優良団体3団体に、梶原克之体育協会会長より賞状と記念のトロフィーが授与されました。御来賓として山﨑孝明江東区長、山本香代子江東区議会議長、進藤孝教育委員会委員長より御祝辞を頂き、修了後懇親会を開催致しました。
27年度体育功労賞受賞の皆様は こ・ち・ら

27年度スポーツ功労者.pdf 27年度スポーツ功労チーム.pdf 27年度体育優秀選手.pdf 27年度体育優秀チーム.pdf 27年度生涯スポーツ優良団体.pdf

     
     



平成26年度スポーツ功労者等表彰式

平成26年度スポーツ功労者等の表彰式が、2月27日(金)江東区文化センター展示室において行われました。26年度は体育功労者15名、スポーツ功労チーム2チーム、体育優秀選手78名、体育優秀チーム29チーム、生涯スポーツ優良団体1団体に、梶原克之体育協会会長より賞状と記念のトロフィーが授与されました。御来賓として山﨑孝明江東区長、榎本雄一江東区議会議長、進藤孝教育委員会委員長職務代理より御祝辞を頂き、修了後懇親会を開催致しました。
26年度体育功労賞受賞の皆様は こ・ち・ら
スポーツ功労者チーム.pdf 体育優秀選手.pdf 体育優秀チーム.pdf 生涯スポーツ優良団体.pdf

P2270452P2270464-1P2270471

P2270487P2270516P2270514-1

平成25年度体育功労者・優秀選手・チーム等表彰式

2月28日(金)江東区文化センター展示室において平成25年度の体育功労者・優秀選手・優秀チーム等表彰式が行われました。25年度は体育功労者17名、スポーツ功労者12名、スポーツ功労チーム2チーム、体育優秀選手83名、体育優秀チーム27チーム、生涯スポーツ優良団体2団体と昨年より大幅に増え、梶原克之体育協会新会長寄り賞状と記念のトロフィーが授与されました。御来賓として山﨑孝明江東区長、星野博江東区議会議長、八島安男教育委員会委員長より御祝辞を頂き修了後懇親会を開催致しました。

   


25年度体育功労賞受賞の皆様は こ・ち・ら
スポーツ功労者.pdf スポーツ功労チーム.pdf 体育優秀選手.pdf 体育優秀チーム.pdf 生涯スポーツ優良団体.pdf

平成24年度体育功労者・優秀選手・チーム等表彰式

平成24年度体育功労者・優秀選手・優秀チーム等表彰式が2月27日、ティアラ江東にて行われ、区民の体育指導に貢献した方や、全国大会、都大会等で活躍した選手・チームが参加いたしました。
体育協会青地清助会長よりお祝いの言葉とともに、表彰状と記念のトロフィーが授与されました。
また、山?孝明江東区長はじめ、佐藤信夫区議会議長、平井康義教育委員長の来賓の方々からお祝いと温かい激励のご挨拶をいただき、いっそう熱気あふれる表彰式となりました。
今回は、体育功労者13名、スポーツ特別功労者3名、スポーツ特別功労チーム1チーム、スポーツ功労者7名、体育優秀選手60名、体育優秀チーム26チーム、生涯スポーツ優良団体1団体と昨年を大きく上回る数多くの個人、チームが表彰の栄誉に輝きました。ますますの活躍を期待しております。

P2270069-1
P2270029-1 P2270041
P2270057 P2270058

平成23年度体育功労者・優秀選手・チーム等表彰式

平成23年度体育功労者・優秀選手・優秀チーム等表彰式が2月24日、江東区文化センターにて行われました。区民の体育指導に貢献した方や、全国大会、都大会等で活躍した選手・チームが参加いたしました。
体育協会青地清助会長よりお祝いの言葉とともに、表彰状と記念のトロフィーが授与されました。
また、山?孝明江東区長はじめ多くの来賓の方々からお祝いと温かい激励のご挨拶をいただき、いっそう熱気あふれる表彰式となりました。
今回は、体育功労者14名、スポーツ功労者5名、スポーツ功労チーム2チーム、体育優秀選手56名、体育優秀チーム18チーム、生涯スポーツ優良団体2団体と昨年を大きく上回る数多くの個人、チームが表彰の栄誉に輝きました。ますますの活躍を期待しております。

平成22年度 体育功労者・優秀選手・チーム等表彰式

平成22年度体育功労者・優秀選手・優秀チーム等表彰式が2 月25日、江東区文化センターにて行われました。区民の体育指導に貢献した方や全国大会、都大会等で活躍した選手・チームが参加し、熱気あふれる表彰式となりました。
来賓として、山﨑孝明江東区長、榎本雄一江東区議会議長、宇佐美衛江東区教育委員会委員長から表彰される方々への温かい激励のご挨拶をいただきました。

01
青地清助体育協会会長

02
セパタクロー松田祐一選手

スポーツ特別功労者(2名)

2010年バンクーバー パラリンピック 金メダリスト 新田佳浩選手

03

新田選手は、3歳の時に祖父が運転したコンバインに巻き込まれて左前腕を負傷し、切断するアクシデントに見舞われました。4歳からスキー、小学校3年の時にクロスカントリーを始め、岡山県代表として中学校2年で全国大会に出場。その際、新井秀樹監督にスカウトされ、パラリンピックをめざしました。2003年、世界選手権ドイツ大会では、クロスカントリー10㎞で金メダルを獲得しました。2006年トリノパラリンピックでは日本選手団の旗手を務めました。2007年ワールドカップカナダ大会ではクロスカントリーで優勝。2008年ワールドカップクロスカントリーで世界総合3位。2010年バンクーバーパラリンピックで日本選手団主将を務め、クラシカル10kmおよびスプリント1kmで金メダルを獲得しました。
「バンクーバーパラリンピックで2つの金メダルを獲得し、ケガの責任を感じていた祖父に金メダルを掛けるという目標を達成することができました。4年後のソチに向けて競技を続けるか迷う時期もありましたが、昨年末に第1子が誕生したことをきっかけに競技を続行することを決めました。今後の目標は、競技生活を支えてくれている妻と息子にソチの舞台での活躍する姿を見せることです」

2010広州アジア大会 セパタクロー日本代表 銅メダリスト 松田祐一選手

04

「私はセパタクローという競技に出会い、約11年半かけてアジア大会のメダルを手にすることができました。定職に就かず練習最優先の日々や数年間のタイ武者修行等、生活のすべてを競技に捧げることで手にした銅メダル。メダル獲得が決まった瞬間、自然と涙が溢れ出し、人目も気にせず泣いてしまいました。生涯二度とないかもしれない貴重な経験となり、何事も諦めずにやり通すことで未来は開けるものだと確信しています。」

体育功労者(19名)

体育功労者は、体育スポーツ活動の指導と振興に貢献し、社会体育の振興に尽力し、所属団体の要職として体育、レクリエーションの普及振興に功績のあった方々です。各団体から推薦されました。(敬称略)

05

表彰は、小堀修一様

辻井 功子    水泳連盟
山本 隆幸    軟式野球連盟
高橋 武男    ソフトテニス連盟
高根 美恵子    卓球連盟
青木 たか子    バレーボール連盟
名倉 光明    剣道連盟
永井 多惠子    柔道会
植原 信義    弓道連盟
清水 晃    釣魚連合会
小堀 修一    バトミントン協会
渋沢 哲雄    サッカー連盟
木村 勉    テニス連盟
古賀 勝雄    ラジオ体操連盟
花澤 一男    なぎなた連盟
岩城 信一    ソフトボール連盟
市村 静江    ゲートボール連盟
赤羽根 舜子    ダンススポーツ連盟
宮本 隆志    ビーチボール協会
佐香 哲哉    小学校体育連盟

スポーツ功労者(8名)

スポーツ功労者、スポーツ功労チームは、競技種目別日本選手権大会、国民体育大会、全国中学校選手権大会等の全国大会の三位以内入賞者、三位以内の入賞チームで、加盟団体から推薦された選手、チームです。


西野友毬選手

国民体育大会冬季大会フィギュアスケート 女子シングルス総合 優勝
全日本選手権フィギュアスケート 女子シングルス 6位
「私は昨年末に全日本選手権、今年3月に世界ジュニア選手権に出させていただきました。ここまでくるためにたくさんの努力を積み重ねてきました。私は幼稚園から11年間スケートを続けてきて小学校から今も学校が終わって放課後毎日直接練習に行きます。昨年、半年カナダで練習したこともあり、今も試合でよい演技ができるよう努力しています。練習の中でつらいこともたくさんありました。しかし、先生方や両親、ファンの方々の支えがありここまでこられたのです。今、今回の地震でいつも使っているスケートリンクが使えない状態で練習する場所や時間の確保が大変です。しかし、被災地の方々に比べれば練習できている私は幸せだと思います。被災地でつらい思いをしている人々のためにも今、私ができる限りのことをやり、今後も一生懸命がんばって行きたいと思います。」


安藤圭太選手(陸上競技協会)

南関東高校体育大会陸上大会 110mハードル 14秒78 1位
全国高校総体陸上競技大会 110mハードル 14秒42 2位

「沖縄インターハイに於いて、110Mハードルで準優勝しました。優勝をめざしていたため悔しいものでしたが家族や先生方、応援していただいた方々に心から感謝しています。
インターハイ出場への道のりは非常に長く険しいものでした。高校に入学してからは環境の変化や度重なる怪我に苦しみ、記録が伸び悩んで辛い時期もありました。しかし、周りの方の支えによって、高校3 年にしてインターハイ初出場を決めることができました。インターハイ前には第三亀戸中学校時代の恩師である池田剛先生のもとで調整練習をさせていただきました。私の原点である池田先生や夢の島競技場なくしては、今の私はありません。
大学進学後も競技を続け、日本を代表する選手になれるよう着実に力をつけていきたいと思います。」


角山貴之選手(陸上競技協会)

日本陸上選手権大会    三段跳び 15m96 3位


松田仁美選手(水泳連盟)

ジャパンマスターズ2010    200m個人メドレー 2分19秒28(日本新)優勝
日本実業団水泳競技大会    200m個人メドレー 2分21秒45 優勝


市川夏波選手(水泳連盟)

国体水泳競技会    400mメドレーリレー 4分8秒96 2位


市川拓海選手(水泳連盟)

全国高校選手権水泳競技大会 200m個人メドレー 2分2秒51 優勝 200m自由形 1分50秒94 2位
国体水泳競技大会    100m自由形 50秒59 優勝

市川拓海選手は、生後3ヶ月でベビースイミング、3歳から本格的に級を与えられるクラスに入ったところ、幼稚園で1級( 最上位)になり、育成コースへ進んでいました。中学時代は、バスケットボール部で大活躍し新人戦と夏季大会で江東区3位に入賞しました。夏季大会の前には、水泳の大会をキャンセルしてバスケ大会に出場したのです。高校に入ってからは朝練や大会で、4時、5時起きは当たり前でした。体調管理をしっかりしてさらに上の目標をめざしています。(深川七中広報より)


小山知子選手(なぎなた連盟)

国民体育大会なぎなた大会    成年女子演技競技 優勝
都民体育大会 団体試合 優勝

「私は、19年間、日本の武道である『なぎなた』を続けてきました。小さい頃は道場で友達ができたり、一緒に遊べるという感覚で通っていましたが高校入学後はなぎなた部としての活動を通して仲間と出会い、団体でインターハイに出場できたことが、今でも青春の思い出として深く心に残っています。また、昨年は国民体育大会に於いて念願の総合優勝を果たすことができ、日頃からご指導くださる先生方、先輩方をはじめ、応援してくださるたくさんの方々に、心から感謝の気持ちでいっぱいでした、2年後に開催される東京国体に向け、これからも日々精進していきたいと思います。」


芝本航矢選手(空手道連盟)

全日本少年少女空手道選手権大会    6年生男子組手の部  優勝

「2年生の時、都の『形』代表選手として全日本大会で優勝、今度は『組手』で日本一になろうと決心しました。しかし毎年結果が出せず6年生で絶対勝つ、と決めました。道場が休みでも自宅練習で一日も欠かさず突きやけりなど今まで以上に反復練習を繰り返しました。足裏に水泡ができたり血でにじんだりしたが痛みより負けた悔しさが僕を一生懸命にさせました。今年『組手』で日本一になれたのはこのような思いと指導してくださった先生や先輩、応援してくれる仲間のおかげです。今後は全国中学校空手道選手権大会で優勝をめざし努力していきたいです。」

スポーツ功労チーム(2チーム)

日本ユニシスバトミントン部(女子)

バトミントン日本リーグ2010    女子の部 優勝

「2008年に本格発足した日本ユニシス実業団女子バトミントン部は、『日本リーグ2010 』にて1部リーグ初参戦で初優勝に輝きました。連覇の男子チームとあわせ、同一所属チームの男女同時優勝という史上初の快挙を成し遂げたことは日頃より練習場所を提供いただいている江東区の皆様のおかげです。本年は男女ともロンドン五輪の出場権を賭けたレースに挑み、区内からより多くのオリンピック選手を誕生させられるよう尽力してまいります。ご声援をよろしくお願いします。」

06


日本ユニシスバトミントン部(男子)

バトミントン日本リーグ2010    男子の部 優勝

「区内豊洲に本社を置く日本ユニシス株式会社実業団バトミントン部は、日本バトミントン界に貢献し、世界で活躍できるトップ選手の輩出をめざして日々活動いたしております。男子チームは、昨年末に行われた国内トップリーグ『日本リーグ2010 』において2年連続4回目の優勝を果たし、また海外でも世界選手権、オーストラリアオープンなど数々の大会で入賞を勝ち取りました。シドニー、アテネ、北京に続き4度目となるオリンピック選手輩出をめざし、本年も邁進してまいります。皆様の熱い応援をお願いします。」

07

体育優秀選手(39名)

体育優秀選手、体育優秀チームは、都大会(都教育委員会、都体育協会が主催または共催する大会)の上位(三位以内)入賞者、入賞チームです。(敬称略)

氏名 大会 ・ 種目   順位
大熊 啓史    都民駅伝6区区間賞    1位
渡辺 修    都民陸上1500m    1位
墨東五区陸上1500m 1位
都民駅伝5区区間賞    1位
石見源太郎 墨東五区陸上走り幅跳び    1位
墨東五区陸上400mリレー    1位
都民陸上走り幅跳び    1位
都民陸上400mリレー    2位
佐藤 一桐    都民陸上砲丸投げ    1位
大野 恭身    都民陸上走り高跳び    1位
都民陸上400mリレー    1位
阿部 団 墨東五区陸上砲丸投げ 2位
都民陸上400mリレー    1位
田邊将大良    都高校陸上400mハードル    1位
国体陸上110mハードル    4位
河野 陽一    墨東五区陸上5000m    1位
遠藤 昌志    墨東五区陸上壮年5000m    1位
馬場梨花子    墨東五区陸上一般200m    1位
田中 悠古    墨東五区陸上女子砲丸投げ    1位
都高校陸上女子円盤投げ    1位
白鳥 愛    墨東五区陸上走り幅跳び    1位
奈良部利昭    日本スポーツマスターズソフトテニス    優勝
渡辺 何夫    全日本ターゲットバードゴルフジュニアの部    優勝
花澤 一男    都シニア剣道大会80~85歳の部    2位
金野 夏月    都なぎなた小学5・6年の部試合競技    優勝
都スポーツ少年団交流大会小学5・6年の部 試合競技    優勝
演技競技 3位
全日本少年少女小学5・6年の部    試合競技    優勝
演技競技 優勝
田中 里彩 都なぎなた小学5・6年の部試合競技 3位
都スポーツ少年団交流大会小学5・6年の部 試合競技    3位
演技競技 優勝
全日本少年少女小学5・6年の部 試合競技    3位
演技競技 優勝
菊池 望    国体なぎなた少年女子の部試合競技    4位
清水 郁子    国体なぎなた少年女子の部    演技競技 5位
試合競技   4位
都スポーツ少年団なぎなた高校生の部     演技競技 優勝
試合競技   3位
椛澤芙由未    都スポーツ少年団なぎなた高校生の部    2位
小原百合奈    都なぎなた一般三段以上の部    3位
谷本由香里    都なぎなた一般三段以上の部    優勝
都なぎなた団体    優勝
川﨑科代子    都なぎなた壮年三段以上の部    優勝
青柳 杏奈    都短水路水泳100m自由形    1位
関東水泳50m背泳(大会新)    2位
全国少年少女水泳100mバタフライ    2位
全国ジュニアオリンピック200m個人メドレー    4位
福嶋 豪太    全国ジュニアオリンピック都予選50m平泳ぎ    3位
全国ジュニアオリンピック都予選100m平泳ぎ    3位
区民大会50m平泳ぎ(大会新)    2位
体育の日水泳100m平泳ぎ(学童新)   
長倉 豊    区民大会50m平泳ぎ(大会新)    1位
区小学水泳100m平泳ぎ(大会新)    1位
畠山 武    全国空手ドリームカップ 小学1年    優勝
全国空手関東大会 小学1年    優勝

08

畠山 武選手   

渡部しずか    都中学地域別陸上走高跳    優勝
都中学陸上選手権走高跳    2位
全日本中学通信陸上都大会走高跳    3位
関東中学陸上走高跳   
浅澤 豊    都中学陸上4種競技    2位
全日本中学通信4種競技    優勝
陸上都大会110mハードル    3位
全日本中学陸上4種競技   
松尾 咲子    都中学陸上800m    2位
全日本中学通信陸上都800m    2位
関東中学陸上800m    7位

都中学支部陸上1・2年800m    1位
柳澤 宏樹    都中学水泳200mバタフライ    1位
区中学連合水泳50mバタフライ    1位
都学年別水泳3年100mバタフライ    3位
堀内 啓生    都中学校陸上800m    1位
関東中学陸上800m    4位
都中学支部対抗陸上800m    2位
佐藤 大知    都中学支部対抗陸上3年100m    3位
荻野紳太郎    都カヌースプリント500m k-1    3位
都カヌースプリント500m k-2    1位
国体関東ブロック500m k-2    5位
関東カヌースプリント500m k-2    3位
金 ビョリ    都カヌースプリント500m k-1    2位
都カヌースプリント500m k-2    1位
国体関東ブロック500m k-2    5位
関東カヌースプリント500m k-2    3位
壽 朋美    都中学体育大会柔道女子63キロ級    3位
泉 真生    都中学新人女子柔道大会70キロ級    1位
藤島 千里    都中学体育大会50m 平泳ぎ    1位
都中学学年別水泳大会50m 平泳ぎ    2位
藤島 千夏    都中学学年別水泳大会50m 平泳ぎ    2位

体育優秀チーム(19チーム)

団体名 種目部別 順位
都民陸上大会江東区女子チーム    女子の部    優勝
都民陸上大会江東区男子チーム    男子の部    準優勝
都民陸上大会江東区女子リレーチーム    女子400mリレー    優勝
都民陸上大会江東区男子リレーチーム    男子400mリレー    準優勝
都民駅伝大会江東区チーム    男子の部    3位
墨東五区陸上大会江東区チーム    総合の部    優勝
墨東五区陸上大会江東区チーム    男子の部    優勝
墨東五区陸上大会江東区チーム    女子の部    優勝
墨東五区陸上大会江東区リレーチーム    男子400mリレー    優勝
佐川急便関東    都秋季軟式野球大会    準優勝
全日本軟式野球大会   
都軟式野球王座決定戦    優勝
ソフトテニス区代表チーム    都支部大会    3位
MARS    墨東五区バレーボール大会一般女子6人制    優勝
区弓道連盟女子チーム    墨東五区弓道大会五区対抗女子の部    優勝
女子バトミントンチーム    墨東五区女子団体    優勝
区バスケット選抜チーム    都民大会男子の部    3位
区ミニバスケット選抜チーム    ミニバスケット区部大会女子    優勝
チーム江東    都民テニス大会    3位
区なぎなた選抜チーム    都民なぎなた大会    優勝
ブレイブ    都民ゲートボール大会    優勝
南関東ゲートボール大会    優勝
深川三中駅伝チーム    都中学駅伝大会    2位
かえつ有明中学校サッカー部    都中学春季大会    優勝
都中学選手権大会    優勝
関東中学大会    8位

生涯スポーツ優良団体(1団体)

生涯スポーツ優良団体( スポーツクラブ) は、スポーツ・レクリェーションの普及・振興に功績のあった団体で、クラブの活動と運営が定期的、計画的、組織的に行われ、その実績が年々向上している団体です。

三亀クラブ(バレーボール連盟)

「私たち三亀クラブは、43年前に創部した家庭婦人のバレーボールチームです。創部当時は、校庭での試合で、風雨や日差し等で悩まされ、次に学校の体育館を使用できるようになり、今は立派なスポーツ会館やセンターで素晴らしい条件で試合することができるようになりました。これからも練習に励み長く続けられるように皆でがんばります。」